ライン

プラハ旅

ライン

チェコお役立ち情報

プラハのスリにご注意ください!
スリはプラハで「よくある犯罪」の一つです。
財布、カメラ、携帯電話などはよく「すられてしまった・・」と話に聞きます。
私は大丈夫!なんて思っていませんか?
プラハのスリを甘く見てはいけません!!
「プロフェッショナル」とか、「マジッシャン」といわれるほど
ものすごいテクニックの持ち主がほとんどです。
そして、残念なことにチェコの警察は あなたがスリに会ったくらいでは親身になって対応してくれません。
簡単な書類を書いて、「残念だったね。さようなら」です。
(↑これはプラハだけではなくヨーロッパの他の都市も同じようなところはあるでしょう。)

だからといって
「プラハってスリが多くて治安が悪いのかしら」 と恐れおののくこともありません。

スリは全世界どこにでもいるのです。
では、どうすればスリのターゲットになりにくいか?

まず、基本は 自分がかばんを常に意識している!ということを アピールすることです。
かばんを常に触っている、抱えている、絶対にかばんを守ってみせる!
と周りにアピールすることです。

・ハンドバックの場合は最も注意必要です。
必ず口が閉まっていること、
人込みの中では、抱えるくらいの注意がないと危ないです。

・現金や財布を道の中で出したりしない。

・混雑時のトラム、メトロは注意が必要です。
自分の周りがやたらと混雑しているとき、
実は自分の周りの全員がスリ集団ということもあります。
若いから、女の子だから、観光客ぽいからといって 気を許してはいけません。

・スリが多いといわれる以下の場所は注意が必要です。
Karlova street,Melantrichova street、カレル橋、旧市街広場、トラム22番、23番 Mustek駅、人込みも注意が必要です。

スリ対策として 首から提げるタイプの ネックパース を使うことや、 セーフティウォレット などの御利用をお勧めいたします。

空港や旅先で、荷物が離れるとアラームで教えてくれる賢い防犯アラーム。
送信機を荷物に取り付けておき、受信機を身につけておく。盗難や置き引きはもちろん、荷物の置き忘れなどで荷物から離れると、
アラームとバイブレーションで知らせてくれる。 荷物はもちろん、子供の迷子防止にも役立ちます。
REVEX 離れるとアラーム このようなものをかばんに忍ばせておくことも効果的です。



運悪くスリにあったとしても被害を最小限に抑えるには

・多額の現金を一つの財布に持ち歩かない。
プラハのほとんどのお土産屋や、レストランは クレジットカードに対応しています。
できるだけクレジットカードを活用しましょう。

・現金、重要書類などはホテルのセーフティボックスに預ける。
チェコは身分証明書を常に携帯していなければいけないので 必ずパスポートは携帯すること。
紛失時に備えパスポート、重要書類のコピーをセーフティボックスに預ける。
以上ですが、プラハのスリはプロフェッショナル。
あなたが気を許した瞬間を付いてきます。
もし被害にあっても、あなたの被害が最小限でありますように・・・

サンプル

Copyright (C) プラハ旅 All Rights Reserved.

design テンプレート